カスタム検索


野菜balance楽
野菜ソムリエによる野菜生活応援ブログ。野菜レシピの他、飾る、遊ぶ、学ぶといった野菜果物のアレンジ方法、野菜を取り入れた生活バランスの楽しみ方を ご紹介しています。


  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--/-- --:--:--   スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/

  キャベツ畑の中心で愛を叫ぶ
先日山名清隆さんという方の話を聞きに行きました。

群馬県の嬬恋村のキャベツ畑で男の人達が自分の妻に向かって
「愛してるよ~」と叫ぶイベントを実行。愛を語らぬ日本人が
愛を語ったと世界中のメディアが殺到した。
キャべチュー

この山名清隆さんという方は日本愛妻家協会を設立した方。
愛妻家協会と聞いて一瞬いや・・・ちょっとと引いてしまう
ところですが日本愛妻家協会のYou Tubeを見て最後に一般の男性が

あと何年生きれるかわからないけれど生きている内に
愛してるって言えるって素晴らしい。素直になるっていいねと
言うシーンがあります。ちょっとほろりとしてしまいます。

環境うんぬん言う外側の前にもっと中に目を向け
夫婦愛はどうなの?という問題を世の中に発信したところ

実際「愛してるよ~」と叫んでみた人達、それを聞いた周りの人達は
心を動かされ感動しこれは大事と

今やキャベチューの他日比チュー(日比谷公園の中心で愛を叫ぶ)
そばチュー(沖縄で叫ぶ)茶葉チュー(静岡の茶畑で叫ぶ)など
各地に広がってしまった。すごいですね~冗談みたいです!

私が注目したのはこのキャベツ畑。えっ?ここ?と思われそうですが
このキャベツ畑きれいですよね~。
こんなところで愛を叫んだら気持ちいいかも!と思わせるほど青い空と
きれいに重なって、まるでラベンダー畑やお花畑にいるかのように画に
なってしまうところ。

そしてこのキャベツがまたすごい!
嬬恋村ではこのキャベツを「叫ばれキャベツ」として販売しています。
段ボールの表には有機野菜をかけて男の「勇気野菜」と書かれている。
実際の味は食べたことがないから分からないけれど

もともとはただのキャベツ畑。だけどそこが美しい観光名所となり
キャベツがブランド化され売られてしまう。
ビジネスはどこに転がるか分からない。

そんな面白いこともあるんだなと
色々な可能性と期待を持てやる気が湧いてきた1日でした。

今日は長々書いてしまいました。最後までお付き合いありがとうございました。

日本愛妻家協会

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 相模原情報へ
にほんブログ村



ランキングに参加しています。よろしければクリックしてください。


スポンサーサイト
2010/05/19/Wed 20:12:39   野菜ニュース/CM:0/TB:0/

MAIN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。